sakura tango festival 2019
in
福岡
- Abrazo de Asia - 桜とアジアとタンゴ

2019. 3/28 (木) ~ 3/31 (日)

日本文化の象徴のひとつと言える桜の季節にタンゴを介した文化交流を目的にラテン文化センター ティエンポが、
2014 年から開催している九州唯一のタンゴ国際フェスティバル
「SAKURA TANGO FESTIVAL in 福岡~ Abrazo de Asia 桜とアジアとタンゴ」。
桜の下、タンゴを通した心の通い合いに興じる4日間。
第6回目となる2019年は、3月28日 (木) ~ 3月31日 (日) の4日間開催に決定しました。
出演者などの最新情報は決定次第、随時ご案内します。

  • 00

    days

  • 00

    hours

  • 00

    minutes

  • 00

    seconds

Latest News

最新情報

Program

電気ビルみらいホールとダイニング・イベントスペース ティエンポ・ホールを会場に来日ダンサーによるワークショップ、本場のアーティスト、アジア各地のダンサー、タンゴ愛好家が一堂に介するパーティー ミロンガの他、タンゴショー、アート、食文化など様々な角度からタンゴという文化を体験できるプログラムを予定しています。 詳細決定次第、随時ご案内していきます。

ミロンガ

タンゴショー

ダンスワークショップ

La Petit Social del Tango による
タンゴを踊る人のためのワークショップ

アート展示会

初心者無料体験レッスン

各プログラム詳細決定次第、随時案内していきます。

2019. 3/28 (木)      会場: TH Tiempo Hall
12:00 - 17:00 プライベートレッスン受付可    TH
16:50 - 18:10 WS:   #AL1: Analia & Luis    TH
WS:   #JA1: Joel & Agueda    TH
18:30 - 19:50 WS:   #AL2: Analia & Luis    TH
WS:   #LV1: Los Veliz    TH
WS:   #JA2: Joel & Agueda    TH
20:15 - 24:00 オープニング ミロンガ    TH
     
2019. 3/29 (金)      会場: MH 電気ビルみらいホール    TH Tiempo Hall
11:00 - 13:00 プライベートレッスン受付可    TH
13:00 - 14:20 WS:   #JA3: Joel & Agueda    TH
WS:   #LV2: Los Veliz    TH
WS:   #GM1: German & Magdalena    TH
14:30 - 15:50 WS:   #GM2: German & Magdalena    TH
WS:   #LV3: Los Veliz    TH
WS:   #AL3: Analia & Luis    TH
16:00 - 17:20 WS:   #JA4: Joel & Agueda    TH
WS:   #AL4: Analia & Luis    TH
16:00 - 17:00 初心者向け体験レッスン    TH   講師: Ariel Yuryevic
18:00 - 22:30 サクラ ミロンガ    MH
22:00 - 02:00 アフター ミロンガ    TH
     
2019. 3/30 (土)      会場: MH 電気ビルみらいホール   TH Tiempo Hall   THT Tiempo Hall テラス
11:30 - 12:50 WS:   #GM3: German & Magdalena     MH
WS:   #AL5: Analia & Luis     MH
13:00 - 14:00 初心者向け体験レッスン    TH   講師: Ariel Yuryevic
13:00 - 14:20 WS:   #GM4: German & Magdalena     MH
WS:   #LV4: Los Veliz     MH
13:00 - 14:10 La Petit Social del Tangoによる
「音楽の解釈と聞く力を養うタンゴを踊る人のためのワークショップ」
    TH
14:30 - 15:50 WS:   #LV5: Los Veliz     MH
WS:   #JA5: Joel & Agueda     MH
16:00 - 17:20 WS:   #AL6: Analia & Luis    TH
18:00 - 22:30 グラン ミロンガ    MH
23:00 - 03:00 アフター ミロンガ    TH
     
2019. 3/31 (日)      会場: MH 電気ビルみらいホール   TH Tiempo Hall   THT Tiempo Hall テラス
11:00 - 12:20 WS:   #AL7: Analia & Luis    TH
WS:   #GM5: German & Magdalena    TH
WS:   #JA6: Joel & Agueda    TH
12:30 - 13:50 WS:   #LV6: Los Veliz    TH
WS:   #GM6: German & Magdalena    TH
14:00 - 15:20 WS:   #LV7: Los Veliz    TH
WS:   #GM7: German & Magdalena    TH
15:00 - 17:00 シアター タンゴショー "春夏秋冬"    MH
18:00 - 22:00 ミロンガ - アブラソ・デ・アジア    MH
22:00 - 02:00 アフター ミロンガ    TH
     

電気ビルみらいホール 展示会

樋口 侑紀

書家

 

 

作品名:「春の心臓」

「春の心臓」とは芥川龍之介が翻訳したウィリアム・バトラー・イェイツの短編小説から抜粋した言葉である。
物語の舞台はジル湖、榛の林に掩われた平らな島の岸の修道院である。そこに住む痩せ細った老人と弟子少年が物語を進めていく。
多所で、燈心草(いぐさ)、百合・薔薇、羊歯(シダ)、檞の木などの植物が色彩豊かに描写されており、文面を通してむせ返るような植物の匂いが鼻をつく。
「春の心臓」というフレーズは物語の中にも登場しており、その場面の活き活きと透き通るような生と、皮肉交じりの静かな死の対比は見事である。その美しさ残酷さに惹かれ、春の訪れをこの言葉に乗せて書に表した。
この物語から感じる刹那的な生命の躍動を、筆運びや墨溜まりにより表現している。
この書作品を通し、春の鼓動を感じてほしい。

[出典]
著:ウィリアム・バトラー・イェイツ/訳:芥川龍之介
収載図書『芥川龍之介全集 第1巻 羅生門 鼻』1995.11 出版社岩波書店

 

 2019. 3/28 (木) ~ 3/31 (日)
 電気ビルみらいホール ミロンガ会場にて

------------------------------

【樋口侑紀 ~ ヒグチ ユウキ】
23歳/小・中学生のような会話が好きだ
大字をメインに書作品の制作をおこなっている。また書籍や企業の題字作成も行なっている。

ゲスト芸術家

Angeles Herrera

アンヘレス・エレーラ

 

 

今年の桜タンゴフェスティバルに参加させていただくことを、とても嬉しく思っております。
今回 Elisabet Cury森信也さんというお二人の素晴らしい芸術家とともに作品を創り上げるという美しいアドベンチャーに挑む機会を与えてくださったティエンポ・イベロアメリカーノに感謝いたします。
アルゼンチンの芸術家、写真家 Elisabet Cury氏には、さりげなくタンゴが発現するブエノス・アイレスのストリート写真を提供していただきました。多くの作品はCury氏の写真をベースに制作されています。
写真をデジタル化し、日本人芸術家森信也さんとともに絵画という言語を加えていきました。
そうして出来上がったのが、今回ご覧いただく展示 "AFICHES"です。コミュニティワークによる実りです。それはまさに桜タンゴフェスティバル、ティエンポ・イベロアメリカーノが進めている全ての活動に通じるものだと考えています。 (Angeles Herrera)

 2019. 3/28 (木) ~ 3/31 (日)
 ティエンポ・ホール

------------------------------

ANGELES HERRERA ~ アンヘレス・エレーラ】
アルゼンチン、ブエノス・アイレスの国立美術大学で絵画を専門に学ぶ。様々な小中学校で講師を務める傍ら、画家、デザイナーとして活躍。ニューヨーク、ソーホーのギャラリーに勤めた後、UNICEFのプロジェクトに参加しモザンビークでアートを指導。2003年にはアート講座としてブエノスアイレスの国立芸術大学で指導に就き、現在は外国人留学生へのラテンアメリカ研究の講師も務めている。

ウェブサイト

展示 "AFICHES"

Venue ・ Access

フェスティバルの会場となる電気ビルみらいホールとティエンポ・ホールの移動時間は徒歩約15分です。
ワークショップで、同日複数のレッスンを受講される場合は、会場間の移動にご注意のうえ、お申込みください。

2会場間のルートマップ (   PDF / 英語)

   電気ビルみらいホール

〒810-0004
福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館4階
 0120-222-084 /   アクセス

天神の南に位置するビジネスゾーン「渡辺通スクエア」に位置する電気ビル共創館 4階。フレキシブルな空間と機能を併せ持つホールは、約500名収容。最新設備を備えています。屋上庭園を望む、約380㎡のゆったりとしたロビー・ホワイエ空間は、ワンランク上のくつろぎの空間。ロビー内には公衆無線LANを備えています。
ウッドフロア、広さ480m²、天井高約7mと、ゆったりと踊ってもらえるスペースです。

   Dining Event Space TIEMPO HALL

〒810-0041
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル 3F
 092-762-4100 /   アクセス

九州最大の繁華街・天神の西隣に位置する大名は多くのブランド店、セレクトショップに飲食店などがある賑やかなエリア。今回、ワークショップ、ミロンガの会場となる当館は、県内外からのアクセスも便利な場所にあるDaimyo11511ビルの3階にあります。アルゼンチン芸術家が手掛けた異国の雰囲気溢れるスペースが魅力です。

   Café Restaurante SANCHO PANZA

〒810-0041
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル 5F
 092-762-4110 /  アクセス

アフターミロンガやワークショップの会場となる 「ティエンポ・ホール」(3階) と同じビルの5階には、フェスティバルを主催するラテン文化センターが運営するカフェレストラン 「サンチョ・パンサ」が併設されています。国際色豊かなシェフ達が腕を振るうスペイン、中南米の本格的家庭料理を、ラテンの空気が感じられる温かい空間で味わえるレストランです。

Contact

フェスティバルに関するお問合せ


(特定非営利活動法人 ティエンポ・イベロアメリカーノ)

〒810-0041
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル 3F
092-762-4100 |  092-762-4104
www.tiempo.jp
sakuratangofestivaltiempo.jp

月 ~ 金: 12:00 - 22:00 / 土・日: 12:00 - 18:00 (休館日不定)

お問合せフォーム

このフォームはSSL暗号化通信に対応しています。

Our Partners

 

logo
logo
logo
logo
logo