La Petit Social del Tango による
「音楽の解釈と聞く力を養うタンゴを踊る人のためのワークショップ」

タンゴを踊る際には、音楽を理解し表現することがとても大切です。そこで、アルゼンチンから来日するゲストバンド La Petit Social del Tangoがタンゴを踊る方々を対象に、タンゴ界で最も重要なオーケストラを抜粋し、皆さんの音楽を理解する力、聞く力を向上させるためのコツを伝授してくれます。
それぞれのオーケストラが伴奏をする際のリズムはどのようなものか即座に考えをまとめることで、それぞれの曲をより正確なリズムで表現していくことができます。このワークショップを通してその能力をアップさせ、それぞれのオーケストラのリズムセクションの特徴を理解できるようになりましょう。
ピアニストのMauricioが、実際にリズムに沿ったパソを紹介しますので、皆さんも一緒に実践できますよ。

  2019. 3/30 (土)   13:00 - 14:10

  ラテン文化センター ティエンポ

  ¥2,500

【内容】
1. 楽器についての簡単な紹介
2. 生演奏による例の紹介
3. 2 x 4 のマルカート
  ■ ディサルリのスタイル
    例として、1/2拍子と2/4拍子のリズム、4/4拍子のコンビネーション
  ■ ダリエンソのスタイル
    マルカートを効かせた4拍子
  ■ トロイロ
    両者のリズムスタイルを組み合わせ
4. 特徴に応じて踊ることを学ぶ
  ■ リズムセクションとメロディーセクションのコントラスト
  ■ メロディーフレーズ、呼吸

 

お申込み

ラテン文化センター ティエンポまでご連絡ください。

① お電話: 092-762-4100
Email: sakuratangofestivaltiempo.jp
お問合せフォームより

[講師紹介] La Petit Social del Tango

このグループは伝統的なアレンジに基づき、またカルロス・ディサルリ、フロリンド・サッソーネ、ファン・ダリエンソ、デ・アンジェリス、トロイロのような楽団を連想させる。
私たちが奏でる特別な演奏曲として、チャカレーラというギターとバイオリンによる地方のリズムによる短い構成の曲がある。
ここ2年の間には、La Petit Social del Tangoはポーランド、スウェーデン、デンマーク、スペイン、ノルウェー、フランス、スイスなどの国々で様々なフェスティバルやミロンガに参加している。
また幸運にも、そのオーケストラの中には経験豊かなタンゴピアニストのマウリシオ・ヴォート、バイオリンの巨匠デイビッド・マーリンのような素晴らしい楽員が揃っていてメンバー全員がタンゴや他の分野においても長い音楽キャリアを持っている。
つまり、 ミュージシャンとダンサーたちと素敵な時間を過ごせると同時に皆を一晩中踊りたいという気持ちにさせてくれるオーケストラである。

Website

 

  Page Top